「フェイクマスク」という言葉も出るくらい日本人はマスクが大好きな人多いですよね。

ところで、そのマスクは本当の必要ですか??
花粉やウイルス対策におなじみの使い捨てマスク(不織布マスク)。
「耳や顔が擦れて痛い、かゆい…」「毎回ゴミになってエコじゃない!」と感じたことはありませんか?

肌に優しく洗って使える「布マスク」ならゴミも出ず長時間快適。
日本人と同じく、マスク大好き国民なのがベトナム人なのです。

大好きすぎて、街中ではカラフルなデザインのマスクをした人をいっぱい見かけます。
なぜベトナム人はマスクをするの??

その一番の理由は、やはり空気汚染対策。

ベトナムの大都市では、しばらく前から空気汚染が問題になっており、例えば、首都ハノイでは2016年に「世界ワースト2位」と発表されています。

また、ベトナムではオートバイで出勤・通学するケースが多く、それによる排ガスがもの凄いです。
特に乾季は空気が乾燥しているため、粉じんも飛び散り放題。

そんな空気汚染に対抗すべく、大勢の人が日常的にマスクを使用しているのです。
とはいえ、ベトナム人のマスクをよく見てみますと…
それは大きな布製マスクなのです。

使い捨てマスクとさよならしよう

日本ではマスクというと、真っ白な使い捨てのものが多いですが、ベトナムでの主流はカラフルな布製マスク。

布マスクは…
洗濯で繰り返し使え、経済的にもスマートです。

そして…
ゴミが出ません!!

冬のシーズンから花粉までの、使い捨てマスクを毎日使うと…
5カ月と仮定して、どのくらいのマスクを捨てることになるのでしょう。
ほんの少しだけだし。
と思うところですが、このマスクの原料には十分な量のマイクロプラスティックが使われています。

さらに!
マスク本体だけでなく、梱包材として使用されている透明フィルムもプラスチックです。
いくら焼却しようとも、残ってしまうと言われるマイクロチップなのです。

捨てることによって、地球にダメージを与えていることになります。

もう使い捨てマスクとはサヨナラしましょう!!
サヨナラすると、次は素敵な出会いが待っているのが世の流れです。

それが、布マスク。

使い捨てマスクにはないメリットが、布マスクにはあり、主な効果として4つご紹介いたします!!

繰り返し使えるためゴミが出ずエコ!!

使い捨てマスクは速攻でゴミになり、ますますプラスチックゴミは増えるばかりです。
対して、布マスクはご存知のとおり洗えば何度でも使えます。
綿のため、洗濯してもマイクロプラスチックは出ません。

乾燥・寒さ対策が抜群!

使い捨てマスクと比べ、厚さを持つ布マスクは適度な湿度を保ってくれます。
そのため、肌や喉の乾燥対策に効果的なのです。

使い捨てマスクといえば、ワイヤーが入ってるものがほとんどですよね。
そのため、例えば睡眠時の感想を防ごうと寝る時につけてみても…
朝起きた時に喉が痛い!!なんてこともしばしば起こります。

なぜ??

使い捨てマスクは水分を吸収しにくい素材でできています。
そのため、息が水蒸気となってマスク内に充満し蒸れが発生します。
さらに肌についた水分が蒸発する際、肌の内側からも水分が奪われるために、乾燥しやすくなるのです。

対して布マスクは、水分を吸収してくれ寒さ対策にも効果を発揮します。
ふんわりと柔らかい布が息で温められるため、肌にも良いのです。

また、飛行機やバスでの長時間移動の時など、顔がすっぽり隠れる喉の保湿にも効果的です。

肌に優しい

使い捨てマスクを使用していて、かぶれたことや、肌荒れの経験はありませんか。
使い捨てマスクは主に化学繊維のポリプロピレンで出来ているため、布に比べて肌触りが悪く、上記の原因の原因の一つと考えられます。

対して布マスクは、ふんわりとした肌触りが特徴です。
コットン100%の布マスクにすると肌に優しい環境になります。
また、綿は吸水性と通気性が高いため、息に含まれる水分でマスク内に適度な湿度が保たれます。

風邪や花粉症をより防ぐことが出来る

風邪予防のためにマスクをつけることがありますね。
使い捨てマスクのパッケージで目にする「99%カット」。
99%といえば、ほとんどのウイルスを防いでくれうように思います。

果たしてそうでしょうか。
実はこの表示が意味することは、「不織布フィルター単体の性能」なのです。

実験室でフィルタリングセットに取り付けた場合のカット率のことを表しています。
そのため、例えばマスクと顔の間に少しでも隙間があると、そこからウイルスが入ってしまうのです。

ワイヤータイプものを付けていると特に隙間だらけですよね。
メガネをかけていたら当然のように曇りますし、大きく呼吸すると、鼻と目の隙間から空気が入り込んできます。

さらに人の顔は意外とよく動きますし、人間の顔の形は千差万別。
完全に隙間なく密閉することは不可能なのです。

そして、入り込んだ空気は、行き場を無くしマスク内を彷徨います。
ウイルスを抱え込んだままの状況になるのです。

対して布マスクならフィット感があり空気の侵入を防いでくれます。

さらに!

上記でもありましたように、湿度を保ってくれます。
この湿度が大切なのです。

なぜ、冬に風邪が流行するのかはご存知ですよね?
その原因の一つとして乾燥がありますが、布マスクをすることによって、乾燥を防ぐことが出来ます。
布マスクによって、口や喉の湿度を高めてウイルスの働きを抑えることが期待できます。

ウイルスは細菌と違い、湿度が高いと生存時間が短くなるためです。
さらに布マスクは通気性がいいため菌の繁殖も防げるのです。

あとがき

声をお仕事にしている職業の方に多いはやっぱり布マスクです。
芸能人やアーティストは、楽屋で、見たこともないようなマスクをしている人が多く、聞いてみると、コットン100%で1000円以上するものだったり…

さすが芸能人!と思いますが、自身の肌を守るため、風邪やウイルスから守るため、そして地球を守るために、今年から布マスクに変えてみませんか?

少し値段が高くても長い期間使えるものです。
傘と同じように、ゴミを出さない生活が広まることを、地球を守ることにつながります。

ベトナム人のように布マスクが当たり前でも良いのではないでしょうか?