本日は、身近に見かけるエコ・防災に関するクイズです。
前回に比べ、ちょっと難しいですが、最後まで挑戦してみてください。
最後は正木に関係するクイズになっています。

正木明のエコ・防災クイズ

問題1 難易度★

割り箸

問題

エコ意識が高まるなか、ファミレスや牛丼チェーン店などで割り箸を廃止しているところが多くあり、その代わりに黒い箸がおいているのですが、この黒い箸、実は材料に竹が使われているのです。
竹が使われているのには、環境のことを考えての理由があるからのですが、その理由とは何でしょうか?

正解

生育が早いので、環境負荷が少ないため

問題2 難易度★★

牛乳

学校給食への導入などにより馴染みのある牛乳ですが、牛乳パックやビン以外にも缶入りの牛乳というものがあります。
その第一の目的は、長期保存ができるということ。船乗りや自衛隊など、頻繁に物資を運搬するのが困難な場合に活躍し、また、大量購入し保存できる為、病院での利用や、災害時の備蓄用にも適しています。

では、もう一つの目的とは何でしょうか?

正解

温められる。

【情報】
寒い時期には温めて飲むなど、アウトドアでの利用にも最適です。

問題3 難易度★★★

コンビニ

エコが意識され始めた10年前。
京都市役所内に「エコ・コンビニ」と呼ばれるコンビニが開店していました。
配送は廃油を使い、割り箸やレジ袋などを提供しないなど、環境に配慮した新しいスタイルのコンビニとして、当時注目を集めており、この「エコ・コンビニ」では、通常のコンビニで販売しているある商品を一切置いていませんでした。
それも環境に配慮しているからなのですが。

では、「エコ・コンビニ」に置いていない商品とは何でしょう?

正解

ペットボトル飲料

【情報】
京都市役所1階にある「エコ・コンビニ みやこスタイル」は、当時全国初の試みで、ごみを減らして環境保全に役立てる狙いで誕生しました。
店内では、ペットボトル飲料を販売せず、利用者にマイカップやマイボトルを持参してもらい、飲み物の量り売りを行います。

問題4 難易度★★★★

大型スーパー駐車場

最近の大型スーパーの駐車場を見てみますと、なぜか大きく店名を記載しているところが多くあります。
店名を宣伝するための看板は多くあり、この駐車場まで必要でないと思うのですが、これはある別の理由からつけられています。

では、その理由とは何でしょうか?

正解

災害時に避難所として使う際、ヘリコプターの目印に使うため

【情報】
自治体では、新しく地域に大型店が進出する際の条件として、災害時に駐車場を避難地として活用することを結ぶケースが増えています。

問題5 難易度★★★★★

ヘリコプター

災害救助や緊急救命などで活躍するヘリコプター。
そのヘリコプターを見てみますと、通常あるお尻の翼のテールローターがありません。
そのため、以前のテールローターがあるヘリコプターと比べ、救助の際、機内であることが可能になり救命が容易になったと言われています。

ではそのあることとは何でしょうか?

正解

機内で注射が打てるようになった。

【情報】
テール・ローター機のドクターヘリでは振動の為に機内で注射を打つことは困難だったが、ノーローター機では可能となった。
また救助作業員や周囲の人間がテールローターに接触するリスクを回避することができ、騒音のもととされるテールローターに起因した騒音がなくなるため周辺のストレスも低減されます。

あとがき

いかがだったでしょうか?
ちょっと難しかったですけど、エコ・防災の取り組みは、日常の中でも、日進月歩進化していることがお分かり頂けたと思います。

最後にもうもう一問!

問題6 難易度★★★★★★

お子様ランチの旗

お子さまランチと言えば、盛ったチキンライスの上に刺さった国旗が有名です。
この国旗を立てる演出は日本橋の三越百貨店で誕生し、当時の主任コックがあることをヒントに立てたといいます。

そのあることとは・・・
正木明も趣味にしているあれだったのです。

ではそのあることとは何だったのでしょうか?

正解

登山家が登頂した際に山頂に立てる国旗

【情報】
安藤太郎は東京の日本橋にある、三越百貨店の食堂の主任コックでした。
もともとあった、お子さま弁当の寿司と洋食、それがいまいち華やかさがないということで、登山家が登頂した際に山頂に立てる国旗をヒントに、盛ったご飯を山に見立てて日の丸国旗を立てたのが始まりでした。