環境保護に関する写真コンテストをご存知ですか?
Nature Conservancyという1951年に設立された環境ベースの非営利組織が開催しているもので、2019フォトコンテストでは、152の国と地域から121,774枚の写真の応募がありました。

コンテストは、野生生物、自然界の人々、都市と自然、水と風景の5つのカテゴリに分かれています。
本日はその中の受賞作品をいくつかご紹介いたします。

People in Natureのカテゴリーで最優秀賞「ダンスオンザシー」

ベトナム出身の写真家ル・ヴァン・ビンによる漁網を投げるフーイェン・ホンイェンの漁師の写真。
「自然界の人々」のカテゴリーで最優秀賞を獲得しました。
その作品はダンスオンザシーと呼ばれています。
写真家は、この珍しい美しい瞬間を捉えるために3日間連続して待ったと言います。

入賞写真 グアナバラ湾(ブラジル)の海に浮かぶコンゴのアフリカ難民

野生生物のカテゴリ「希望」

写真家フェルナンド・オファリルによって撮られた一枚。
ノルウェーのスバールバルでホッキョクグマを捉えました。

野生生物カテゴリー 「歌のシルエット」

森のかすかな光の下でクリムシクイが歌っている写真

水部門優勝「ジンベイザメ」

オーストラリアの写真家、アレックス・キッドによる一枚。
ニンガルー(オーストラリア)沖の深海で泳ぐジンベイザメ。

都市と自然部門「ゴールデンゲートブリッジ」

橋を包む濃い霧が、画像に映る美しい魔法の瞬間を作り出します。
すべてのカテゴリーの最優秀賞には、スポンサーのデルタ航空から500ドルのギフトカードが贈られました。
ぜひ挑戦してみてはいかがですか。

都市と自然部門 「ジョージア州の都市」

都市と自然部門「カリフォルニアのアシカ」

風景部門「グレートジャンプ」

カテゴリでは、写真家のコリンロナルドの作品。
スキーヤーがスロベニアの山腹を下っている優勝している瞬間を捉えたもの

風景部門「ハットラグーン」

オーストラリア西部のハットラグーンの写真を上から撮影したもの。

写真:自然保護