映画「アラジン」観に行きましたか??
この映画のモデルとなったのは、神秘的な建造物タージマハルと言われています。
ジャスミン王女が住む王宮がタージマハルに似ているだけでなく、
王国アグラバーの名称は、アーグラが元になっているといわれています。

ドラゴンクエスト3のモデルもタージマハル

『ドラゴンクエスト3』には、タージマハルをモデルにしたといわれている、
ダーマ神殿が舞台として登場しています。

タージマハルとは

タージマハルは、ムガル帝国皇帝シャー・ジャハーンの
皇妃ムムターズ・マハルの墓廟として建てられたと言い伝えられています。
外国の名前・・・覚えられないですよね。

インド人に曰く「タージ・マハルを見なければインドに来た意味がない」と
言わしめる世界一美しい白亜の霊廟です。

そして、4本のミナレットが印象的ですよね。
ミナレットとは、モスクやマドラサなどのイスラム教の
宗教施設に必ず付随している塔で、多くの世界遺産で見ることが出来ます。

ちなみに、タージマハルにある4つのミナレットは
「皇妃に仕える4人の侍女」に喩えられているそうです。

イスタンブール:アヤソフィア博物館


「ビザンチン建築の最高傑作」として名高く、内部は思わずため息モノの美しさです。
様々に変容していくイスタンブール史の中で、その時代時代の流れに沿って存在し続けて来たアヤソフィアは、
現存する歴史の生き証人と言ってもいい、類まれな博物館。

ミナレット、よーくミナれっと・・・


よーくみてみますと、、ミナレットが外側に傾いていませんか??
世界中のミナレットがそうなのですが、
実はこれ地震対策なのです。

地震の際、ミナレットが倒壊しても寺院に当たらないような
工夫がされているのでした。

また、タージマハルの周囲500mは、空気の汚染を防ぐために、
工場建設や自動車乗り入れが禁止されています。
空気の汚れ防止のために自動車等の乗り入れも禁止されています。
空気汚染より白の大理石を着色から守る目的があるのです。

タージマハル。そこには王と王妃の切ない愛の物語があったのです


タージマハルの王は他の王のように複数の妻を持つことも
ハーレムを築くこともなく、外征にも必ずムムターズを伴い、
妻をいつもそばに置いていたのです。
そして、ふたりは結婚生活約18年の間に14の子をもうけました。

王妃は最後の女児を出産したあとに死去

「新しい妃をめとらないで…」 という言葉を残しこの世をさります。
死に際してムムターズは夫に新しい妃をめとらないことを
約束してもらい、安心して眠りについたのです。
その後、王はあまりの悲しみに一夜にして髭を白くし、
1週間公の場所に姿を見せず、また2年間宴を催すことはありませんでした。

妻の墓を作ると決心

喪が明けると王は政治を半ば放棄し、妻の墓の建築を開始します。
しかし、熱心ゆえに、建築はヒートアップ。
あらゆる人材を集め、約20年の歳月と2万人の労働力を投入するのです。

そうなると・・・
経済は悪化します。

1つの”愛”が国を狂わせる

お墓建設の膨大な資金のため経済が悪化してしまいました。
責任を取らされ、王は幽閉されます。
幽閉されていた間、王はタージマハルを見ては毎日涙を流したそうです。

その後、王は塔の一室に横たわり、7年間の幽閉ののち、
ヤムナ川のほとりに小さく見えるタージマハルを眺めながら息を引き取った。

それから…
遺体をタージマハルに移し、棺を王妃の隣に安置しました。
数百年の時を超えても、いまなお色褪せない純白の恋の結晶は、
今日も訪れる人々の心を掴んで離さないという訳です。