「グリーンシティ」オーストラリア・アデレード

マーサー・グローバル・ファイナンシャルは、世界で最もクリーンな都市の1つにアデレードを選出。
市での環境対策として、300万本の植樹、ソーラープロジェクト、公共交通機関の利用促進、気候変動への対処方法などの「グリーンシティ」プログラムを実施しています。

その結果、この場所は世界で最も住みやすい都市になったのです。

ドイツ、ハンブルク

グリーンエネルギーの使用において世界の最先端を走る都市です。
ドイツは2020年までに40%を削減することを目標に、有害な排出を削減するための全国キャンペーンも実施しています。

その先頭に立つのがハンブルグ。
とはいえ、こちらの記事ではドイツのオクトーバーフェストでは大量のげっぷのため温暖化になる恐れも??

「国土の36%を公園に」フィンランド、ヘルシンキ

フィンランドの首都は、世界で最も汚染の少ない都市の1つ。
市政府はヘルシンキに緑地を造園し公共交通システムを開発するよう努めています。
土地面積の36%にあたる、890ヘクタールの面積に40を超える生物圏保護区(公園)があるのです。
また、フィンランドでは、海面の上昇や南極・北極から起こる氷の融解リスクから海岸を積極的に保護しています。

アメリカ・ハワイ州ホノルル

アメリカ環境協会によると、ハワイは米国で最もきれいな空を持ちます。
ホノルル政府は、都市のインフラストラクチャシステムでクリーンで持続可能なエネルギーを使用することに取り組んでいます。

2,000トンの廃棄物を電気エネルギーに変換することを目的とするH-Powerを含む多くの環境開発プロジェクトでは、40,000世帯以上が実用しており、パールシティバスプロジェクトは太陽エネルギーを使用してコストを削減します。

アイスランド、レイキャビク

これは、観光客が訪れるべき5つの新鮮な都市の1つです。
代替エネルギーを使用することで、人々と観光客は天然資源と手付かずの生活環境を楽しむことができます。
地熱エネルギー-クリーンな電力源であり、市の電力消費と暖房の約90%を占めています。

ニュージーランドのウェリントン

IQ Airのレポートによると、ウェリントンはこの8選にある世界の都市の中で最もきれいな空気を持っています。
比較的人口が少なく、地理的に離れているため、ウェリントンは空気がきれいなのです。

拡張されたケーブルカールートのおかげで、ウェリントンは自動車の混雑による大気汚染を削減しました。
その上、地元の人々は都市の新鮮さを保つことに誇りを持っています。

スイス:チューリッヒ

厳格な廃棄物管理のおかげできれいな街です。
市内の人々は、主に自転車や電車、バス、地下鉄などの公共交通機関を利用しています。
市はまた、住民に廃棄物とリサイクルの追跡と管理を支援するアプリケーションを提供しています。

カナダのカルガリー

適切な廃棄物処理のおかげで、ここも空気がきれいな都市の1つです。
住民や観光客は、車の窓からゴミを捨てたり、タバコを投げたり、ゴミを投げたりする行為に対して罰金が科せられます。
政府はまた、オーガニック製品の使用など、人々のグリーンライフスタイルへの経済的支援を提案し、ラップからの廃棄物を制限しています。